虎心 blogtype - アニメも特撮も消化追いつきませんyo

dbg21.exblog.jp
ブログトップ

2006年 05月 15日 ( 1 )


2006年 05月 15日

セ・リーグ4月 感想

激しく今更ながら交流戦入る前までを振り返ってみたいと思います。

まず首位の巨人が貯金12を持って交流戦へ突入。
正直走りすぎ。
その煽りを食う形でBクラスの3チームが引き離される形。
何せ去年よりもいい成績を出している阪神が3位にいるわけですよ。
内容は少し苦しいんですがね。

・巨人
原巨人になり、細かい野球をするようになった印象。
「なんで使わないだろう」と思っていた若手陣の活躍が光っている。
さらにロッテから移籍してきたスンヨプと小坂。
WBCで大暴れしたスンヨプ。
日本に来た1年目は鳴り物入りで来た割りに・・・って感じでしたが
モノが違うのか、
ロッテ優勝の原動力の一つにもなりました。
んで小坂。
個人的にはかなり大きな補強であると思う。
単純に小坂が好きだったのもあるが、
好守&器用さという最近の巨人に欠けていたものを持っている選手。
さらに野口、豊田など投手陣も補強。
素人目でもわかるほどの弱点であった投手がかなり改善されました。
あとは投打が噛み合っていたね。
打たれたら打ち勝つ、抑えられたらさらに抑えて勝つ、そんな感じ。
実際チームとしての防御率も得点もリーグ1位というわけでなく、
むしろ阪神のほうが上回るほど。
うまく機能していたんだな。
少々失速した感はあるが、
去年の交流戦では4位と好成績なので失速するか加速するか。

・中日
相変わらずの野手陣による守備型のチーム。
一時期ほどの投手王国っぷりはないものの、
それでも投手力は高め。
巨人が走り過ぎているが
貯金6と充分すぎる成績で交流戦へ。
去年はこの交流戦でかなりの遅れをとり、
結果優勝を逃したと言っても過言ではない。
そういう意味も込めてより一層負けられない戦いになるだろう。

・阪神
我らが阪神は3位に甘んじるものの、
これまた貯金は6で交流戦に。
去年は交流戦3位、セリーグの球団としては1位(交流戦1位ロッテ、2位ソフトバンク)と、
中日とは反対に好成績を収め、
この差が優勝に繋がった。
ポジションがかぶり出場機会が制限されている、
関本・藤本の2塁コンビや、
ライトの檜山・林・スペンサーといった選手にもDHによる出場が見込めるので
勢いに乗りたいところ。
DH制度のある状況限定で
1番スペンサー構想も語る岡田監督だがどうなるか。

・ヤクルト
借金7と苦しむ古田ヤクルト。
個人的なイメージでは
ヤクルトは「いつの間にか上位にいるチーム」なので侮れない。
ラロッカの加入とメジャーからの復帰組が大きいと読んでいたんだけど
まだ機能しきれていないかな。
ラロッカは広島時代に対ヤクルトでよく打っただけに一石二鳥かとも思ったんだが。
復帰組の石井一、木田、高津はそれぞれ先発、中継ぎ、抑えと揃っているので、
彼らが直接結果を残すよりも、
若手にその経験を伝える事による影響が大きいと踏んでいたんだけど
まだ結果には繋がっていないのかな。
上位との差はあるものの、まだまだ侮れない存在。

・広島
打線はともかく投手陣、特に先発が苦しい印象の広島。
打の方は本塁打王・新井に加えて
嶋、前田に若手栗原・梵と面白みはある。
投手はエース黒田にベテラン佐々岡、助っ人ダグラスが頑張るものの、
そこから先が苦しい。
何気にチーム防御率は悪くないのだが、
打線が投手を援護しきれず結果が出ない。
色々動きを見せてくるブラウン野球がどこまで戦力を底上げ出来るか。

・横浜
気がつけば楽天並の勝率に迫りつつある横浜。
未だ10勝にすら到達できず(交流戦前)。
見事に投打が噛み合わない。
チーム防御率・打率と低迷してなかなか光が見えない。
WBCで活躍した多村の離脱が痛い。
和製打線の爆発が鍵。
特に若手がドコまで伸びるか。
村田が一人気を吐いているが・・・。
古木の開花はまだなのだろうか。

そんなセ・リーグ。
すでに交流戦で目覚めるチーム、失速するチーム、
色々あるが今年も波乱がありそうだ。
ここでいかに他チームに差をつけられるかが
優勝に大きく関わるだろう。
[PR]

by dbg0104 | 2006-05-15 02:00 | 駄文