2006年 02月 19日

仮面ライダーカブト 4話

天道妹「俺様っぷりには疲れるでしょー」
それをいっちゃお仕舞い。
とはいえ別に天道は悪いやつではないんだろうな。
他人を認める時は認めるし、
サバミソのためだけかもしれんがひよりの手伝いもしてたし。
今回の加賀美弟の件でも結構天道なりのやさしさっぽいしねぇ。
とってもヒーローしていたと思う。

加賀美くんは甲子園経験者でした。すげー。
熱血加賀美は今日も行く。
かっこいいんだけどなぁ。
どっか抜けているので輝けないけど。
序盤から山場ですね。
己の手で弟に擬態したワームを撃つことはなかったけど
今は撃つ力がなかっただけで決意は下した。
って事で天道を越えることを目標に掲げた加賀美。
2ndライダーへの伏線となるかどうか。

ワームが擬態すると記憶を受け継ぐのは前回でも確定していたことだけど
すべての記憶を引き継ぐっぽいな。
記憶が完全に残るのでワームの中で生き続けるってのは結構深い話かもしれない。
何をもってしてその個人を定めるのか。

今回は結構熱くて面白かったと思う。
戦闘シーンは微妙だったけどな!
回し蹴り以外のライダーキックが早くみたいです。
[PR]

by dbg0104 | 2006-02-19 08:31 | 感想


<< Gv      ボウケンジャー 1話 >>